読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

恋愛依存やスマホ依存の奥底にあるもの

ルールズを知るちょっと前までは、ひどいスマホ依存でした。彼にかまってもらうことばっかり考えていて、休日はダラダラお家でラインを待っていました。勉強もバイトも身が入らなくて、いつもどこか上の空でした。


そんなときルールズを知り、自分の生活を自分で楽しくしなきゃ!と思いました。ルールズの他にも色々な本を読んで、「どうやったら自分で自分を幸せにできるんだろう」とずっと考えていました。


いっぱいいっぱい楽しいことを考えては実行してみて、気がついたらとっても幸せな恋愛をすることができるようになりました。


彼がすてきなプランを考えてくれて、エスコートしてくれて、私は「楽しいなー幸せ」って思っているだけです。つらい、悲しいと思うことがなくなって、代わりに嬉しいことや幸せなことばかりになりました。




恋愛がつらい、スマホ依存がひどいなど悩んでいるときは、目の前のことを解決すれば幸せになれると思っていました。



あの頃はルールズの本を読みまくって、「こんなのできない」ってぐるぐる悩んでいました。でも、恋愛がうまくいけば幸せになれると思っていました。



もうひとつ、スマホ依存が恋愛がうまくいかない原因だと考えました。スマホの代わりに漫画や本を読みまくったり、置いてお出かけしたり、遠くで充電したりと力技で脱却しようとしました。




案外成功したのか、だんだん生きるのが楽になりました。そして、自分を客観的に見られるようになりふっと思いました。



問題は恋愛依存でもスマホ(LINE)依存でもなかった


そう思うようになりました。あのときは「ここでどうにかしないと、一生よくわからないけど辛いままかもしれない」という焦りから必死でした。ついでに問題をすり替えていました。


自分で自分を幸せにすることから逃げてた

これが、正体不明のつらさの原因だった気がしています。


彼とうまくいけば、LINEに依存しなければ、家族がわかってくれれば、もっともっと幸せになれるはず。そう思っていました。



あるとき、


・彼から連絡がなくても、充分たのしい。(連絡きたらもっと楽しいけど......)

・スマホを常にいじっていなくても、楽しい(スマホはスマホで楽しいけれど)

・家族の好きな面とだけ、付き合おう。合わないところは「こんなもんか」と思ってスルーしよう


と思いました。どうにか自分の思い通りにしようとするのをやめて、別の視点から見る努力をしました。自分で幸せキャンペーンをはじめました。



連絡がなくても充分たのしい休日を実現するには、どうすればいいかなと考えて、



・友達と遊ぶ
・趣味
・ショッピング
・おしゃれする
・お部屋の片付け


などなど色々考えましたが、私に一番合っていたのは「午後からお出かけするって決めて、午前中にゆっくりお片づけとおしゃれする」ことでした。


最近凝っているのは、「出して、磨いて、戻す」お片づけです。捨てない片付けって本を読みました。「捨てなきゃ」ってプレッシャーと無縁に、お部屋がどんどん綺麗になっていくのでとても気持ちがいいです。




スマホが気になるときは、大体心が弱っていたり余裕がなかったり体調が優れないときでした。なので、「またずっとLINEしちゃったわたしのばかばか」って責めるのをやめて、「まあそんなときもあるよね」ってゆっくりアロマオイルを入れたお風呂に入って、ハーブティのんで、早めに寝ることにしました。翌日にはすっきりしていました。



家族が気になるときは、どんなことを言われてもユキコ先生流に「そうね!」で流す練習だと思ってやってみました。「えーそれはないでしょー」って思っても、「そうねえ」ってとりあえず受け入れてみました。たったこれだけで、家庭内に平和が訪れました。なぜか実家が綺麗になってきました。



今まで色々手を広げて苦しくなっていましたが、自分でできることに帰着させて意識することが合っていたようです。


片づけは「捨てない」ほうがうまくいく

スポンサーリンク
スポンサーリンク