ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

就活がしんどくなる一歩手前で踏みとどまったお話

「就活はつらい」「しんどい」「お祈りメールがくると、自分の人生を全否定された気分になる」「エントリーシートがつらい」などなど、沢山の先輩たちからさんざん脅され(笑)ていたので、就活が始まる前は戦々恐々としていました。





「ああああ就活始まっちゃうどうしよう」って思っちゃって、楽しいことをしているときでも全然集中できませんでした。就活前の焦燥感は異常でした。






「TOEICであの点数以上必須だって!」「テストセンターの問題はどれくらいがボーダーらしい」「体育会じゃないと無理」みたいな噂を聞くたびに、ものすごく動搖していました。





そんな中、ルールズの影響か、自分のペースを守る大切さといたずらに自己評価を下げない重要性を実感していたのはラッキーでした。





まず冷静に、こう考えました。



もし、「今までのバックグラウンドとか専攻とかぜーんぶ関係なく何でも好きな仕事ができるよ!」って言われたら、私は何をやりたいかな




って。そしたら心が決まりました。小学生で書いた『将来の夢』みたいな、自由過ぎる発想でした。それでも、「どうせ色んなとこ受けるんだし、いくつか単純に楽しそうなとこ受けてみようかな」って思い、受けてみることにしました。



その企業はエントリーシート書くの、とっても楽しかったです。その企業が楽しすぎて、「ここは堅実な会社だから受けといたほうがいい」みたいなところが全然書けなくなりました。




書いてて楽しかったところのエントリーシートは面接もスムーズでしたが、「エントリーシート 書けない」とかググりながら頑張って書いたエントリーシートは微妙な空気でした。



私が「堅実な会社だから」ってとりあえず受けた企業に本気で行きたい人達にも、そこで働いている人に対しても失礼だし無駄な時間をとらせてしまったなーと反省してます。





そうこうしているうちに、「面白そう!」って思う企業だけが残っていきました。面接も、「どんな人達が働いているんだろう」って興味津々だったのでとても楽しかったです。あと、選考で一緒の就活生も話が合うのでいい感じでした。普段の生活では滅多にできない会話ができて楽しかったです。未だに仲良かったりします。




そんな感じの浮ついた就活をしていましたが、やっぱりお祈りメールはしんどかったです。「お前は社会にいらない」って言われているようで悲しくなりました。



そんな話を自虐ネタっぽく先輩にしたところ、「結局縁だからねー。原因がりかちゃんにあるとは限らないし、そこで自己評価下げるのはもったいないよ」

って真面目に諭していただきました。自虐ネタ禁止って思ってるのに、心が弱るとやっぱりやっちゃいます。気を付けなきゃ。




就活中自己評価が下がっちゃうと、失敗した原因を自分の内面に見つけようとしてダメージを受けることに気づきました。



就活中って、通過連絡来た時くらいしか上げる機会がない



って思いましたが、面接の待ち時間にルールズを読みつつ思いました。



あれ?自己評価って自分で決めていいんだよね?って。



ルールズを散々読んで気付いたのは、自己評価が高く、ごく自然に自分を大切にする女性の特徴が書いてあることでした。型から入るタイプなので、擬態だけはできていたのですが内面が追いついていなかったようです。



お祈りメールがきても、もし内定とれなくても、自虐的になってぐちぐちしてなきゃいけない理由なんて無いんだって気付きました。



むしろ、しんどくなりそうなときこそ綺麗にメイクしてシンプル上質な服を着て外に出て、穏やかにニコニコしてたほうが精神衛生上良いんだろうなって。



今までだったらきっと、お相手や友達に愚痴メールやらLINE送って、返信くるのを深夜まで待ってました。そしてますます凹んでいきました。




逆に、就活中はルールズを読み込んで、飽きたらWebテストの勉強して、それも飽きたら(瞬時に飽きる)、ラブビッチ読んで、古着屋さんめぐりして、適当かつ自由に過ごしていました。お相手のLINEを待ち続けて発狂!みたいなことはなくなりました。


・他の就活生に嫉妬して凹む
・お祈りメールで自己評価を下げる


このへんをやらないように気をつけたせいか、かなり心穏やかに就活できました。



この文庫版を就活中に読んでいました。





THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)






自分のペースを保つ勇気が湧いてきて、元気が出ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク