ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

ついにLINE依存どころかスマホ依存を克服したお話: 劇的に恋愛が楽になりました

お恥ずかしながら、私はひどいネット依存でした。どのくらいひどかったかというと、有名どころのまとめサイトを読みすぎて読むものがなくなるくらいでした。しかもそれはただ読んでいるだけではなく、お相手に送ったLINEやらメールやらの返信を待つ時間を埋めるためでした。


常に予備バッテリーを持ち歩き、スタバに入れば即充電!みたいな感じでした。充電できるカフェは脳内地図にインプットされていました。



朝起きたら、時間を確認しつつLINEがきてないかチェック、授業中もスマホいじり(先生ごめんなさいもうしません)、夜は寝落ちするまでやりとりする......しまいには「夜中はやめて」って言われるレベルでした。



「スマホ依存やめたら人生変わるだろうなー」と思ってはいました。でもやめられなかったのです。やめる方法もわかりませんでした。





このころは心もボロボロで、何をやってもうまくいきませんでした。ケンカばっかりで、「なんで私ばっかり」って本気で思ってました。今思うと完全に私のせいです。




こんな私でしたが、今は枕元で充電してすらいません。友人に、「充電しながらスマホいじるとケーブル断線したり、バッテリーがダメージ受けたりするらしいよ」と脅され、リビングで充電することにしました。




そしてついに最近、「朝起きて1時間スマホに触らない」ことができるようになりました。



というのも、最近「きっちり身だしなみを整えて、メイクして外出したい」って思うようになったのです。すると、一度スマホを触ったが最後、ギリギリまで支度ができなくなってしまうのです。



そこで、朝支度する前にスマホをいじるのを止めたいと思いました。




しかし、長年無意識のうちに習慣化してしまったものをなおすのは大変でした。最初は3分から始めました。3分だけ我慢してみることにしたのです。





そしたら



あれ?案外辛くないかも


と思いました(単純)




そりゃ3分ですもの。それでもこれが自信になったらしく、毎日触らない時間を増やしていって1時間触らないでも大丈夫になりました。



そもそものバックグラウンドとして、ルールズなどを始めてから、予定調整以外の連絡をほとんどしなくなっていました。お相手からの連絡を四六時中待たなくなっていたのです。



お相手から雑談LINEがきてないとあんまり面白くないので、自然と触る頻度が減りました。



スマホへの執着が薄れた時にタイミング良くコントロールできたので、スマホ依存はかなり楽になりました。




と同時に、恋愛も楽になりました。



「既読スルーされた......変なこと言っちゃったかな」
「未読なのにTwitterは更新してる......」
「忙しいって言ったのに、Twitterは更新しまくってる......」




みたいなストレスが綺麗に消えて行きました。ずっと連絡とってる弊害は大きいですね。なんだかストーカーみたい......反省




今はお互い空白があったほうが心地よく感じます。その空白の間にデートプランを練ってくれているらしく、忘れた頃に「ここどうかな?」って連絡がきます。結構調べてくれているので、ニコニコついていくだけ!とっても安心で幸せです。





そして授業中はスマホはおろか時計すら見るのをやめました。「あと30分......」って授業を受けてると辛いですが、最初から見ないことにすれば案外授業に集中できるんだなあと気付きました。大教室とか特にそんな感じでした。今までもったいないことしちゃった。




長年悩んだネット依存がまさかルールズはじめたらなおっちゃうなんて。恋愛の力は偉大です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク