読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

モテ貯金を実践して変わったことその2

モテ貯金を実践して変化したことのつづきを書きます。

http://minimote.hateblo.jp/entry/taikenndan

その1はこちらです
mini-shu.hatenablog.com


バイト代をお洋服などにつぎ込んでいました。これ買ったら素敵なデートができそう!友達に可愛いって言われそう!みたいな服やらバッグやら買い込んでいました。そのときの気分で買っていたので、使い回しが難しくいつも着ていく服がない状態でした。もったいないことをしてしまいました。



少女漫画に共感して教科書みたいな扱いをしていました。読むのは楽しいけど、マネすると大変なことになることを学びました。



イライラしたり、悲しかったりした感情をお相手にぶつけていました。しかも、好きだからわかってほしいって本気で思ってました。素直に気持ちを伝えるのが愛だと思っていました。書いてて悲しくなってきました。もし私が彼に、ヒステリックに感情をぶつけられたらきっとびっくりすると思います。同じことを自分がしていました。



デパートのセールで爆買いしていました。売れ残りを、お気に入りブランドって理由で爆買いでした。クローゼットはなんだかイマイチなお洋服でいっぱいでした。ごちゃごちゃしていました。




上記のような状態だったため、結構高めのカウンセリングとか行ってみました。でも、継続するお金がなかったため一回行って終わりました。

スポンサーリンク

After

自分のペースを守ることに集中

自分のやりたいことをやってみました。ついお相手が気になってしまうときは、マンガ喫茶や献血、図書館や古着屋さん巡り、ドライブなどで意識をそらしました。それでも最初はしんどかったのですが、慣れてきたら相手のことが気にならなくなりました。とてもらくになりました。


お部屋スッキリ

不用品は売りに行きました。その結果、物が減ってかなりスッキリしました。


メールは相手のペースに合わせて待つ

自分のペースに集中しているので、結果としてゆとりある連絡ができるようになりました。必死さがなくなりました。


デートは企画してもらって、楽しそうだったら行く

基本受け身で何もしなくなった結果、デートはお相手が企画してくれるようになりました。やったあ。自分のペースが崩れそうなものはお断りしていたら、私が好きそうなデートを考えてくれるようになりました。

お洋服は白中心、無地

とりあえず白トップスにベージュのスカート。古着屋さんで良質で安くシンプルなものを揃えました。

自分が古着屋さんで売るようになって気付いたのですが、買い取ってもらえるのって使用感がないもの中心なんですね。古着って思ったより状態がいいんだなーと思いました。

読みたい本にお金をつぎ込む

微妙なお洋服を買わなくなった分、気になる本をいっぱい買えるようになりました。

トップスってセールでもいいやつだと7000円とかするので、その分が本代になったら結構自由に買えますね。読みたい本をためておくと、ちょっと時間ができたときに寂しい思いをしないで済みました。




イライラしたり悲しかったりしたら、美味しいもの食べて寝る

機嫌よくするのが最優先事項!と、ゆったりしました。外で衝動的に甘いものを食べる癖がなおり、結果的に節約になりました。




古着屋さんで足りないものだけ、妥協せずに買う

色や素材でまとまっているお店が多いせいか、お買い物が楽になりました。安いので、今買わなきゃ!って思わなくなり、私服のチョイスが洗練されました。

外に助けを求めないで、自分の内側を見直す

心に余裕ができたため、じぶんの内面にかまってあげることができるようになりました。カウンセリングも必要なくなりました。私の場合、手っ取り早く物で心を満たすと歪みが出てしまうようです。

まとめ

今までのモテテクはなんだったんだろうというくらい、劇的に楽になりました。うれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク