ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

初恋の思い出

お久しぶりです。夏が近づいてきましたね。



最近いとこファミリーと会いました。そうしたらなんと、いとこのこども(4才)に、気になる男の子がいるようです。かわいいなあと思いつつ、自分の初恋を思い出してみました。



たしか、同じ幼稚園でけんちゃん(仮名)!足が速くてみんなの人気者でした。よくあるパターンですね。同性の友達みたいに仲が良かったのですが、小学校が違ったので自然に恋心は風化していったちょっと切ない(?)思い出です。けんちゃんは女の子よりサッカーに夢中でした。



そんなけんちゃんが大好きだった私(5才)に、大人になった今アドバイスするとしたら何が言えるかなーと考えてみました。




・けんちゃんに手作りのお菓子やお手紙を渡したがらないこと
・習い事のレッスン中に、けんちゃんのことを考えてぼんやりしないこと
・その習い事をものすごく集中して頑張って、サッカーしか興味がないけんちゃんがドキッとするくらい素敵な女の子になること
・いくら仲がよくても、同性の友達みたいに喋らないこと
・親しげに話しかけないこと(けんちゃんからきたら、楽しく話してOK)





ここまで書いて思いました。幼少期から重い女の素質がありそうです。アドバイスするってことは、どれも怪しかったところです。




今に置き換えると、



・重いプレゼントを渡さない
・仕事や趣味に集中して取り組む
・公私共に充実させて、素敵な女性になる
・変な話をしない、同性の友達みたいにダラダラ話さない
・馴れ馴れしく話しかけにいかない




と、ちゃんと通じるルールになりそうです。もっと前に気付いていたら、あんなにカラ回りしなかったのに!とちょっと複雑な気持ちです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク