ふわっと幸せに生きる

就活生だったりかが、日々考えていることをぽつぽつ書いていきます

広告

要求要望しないことと、自分の意見を主張することの違い:「なんでも良いよ」って言わない難しさ


違反ガール時代、ずーっと「〇〇行こうよー」とデートを計画していましたが、彼の反応はイマイチでした。


その反動で、一時期

彼「りかちゃん何食べたい?」
わたし「なんでも良いよ(ワガママ言っちゃダメ)」

彼「りかちゃんどこ行きたい?」
わたし「どこでもいいよ(私が仕切っちゃダメ)」

と、「なんでも良いよ」が定番になっていました。「なにか違う気がする......」と思ってはいたのですが、その理由はわかりませんでした。



お恥ずかしながら、油断するとワガママになってしまうことが多いので、「余計なことを言わない」で通そうとしていたのです。




その結果、「もうちょっとこんなデートがしたいな(言わないけど)」という状態になりました。



何でこうなっていたのか考えると、「私が主張して、彼が気に入らなかったら悲しい」と色々なものを混ぜていたのです。



最近は精神的に余裕ができた(?)せいか、「主張はするけど期待はしない」ができるようになりました。



その結果、

「りかちゃん週末何食べたい?」
「イタリアン!ワインが美味しいと嬉しいな」
「イタリアン......ワインが豊富なフレンチで、りかちゃん好きそうなお店はどう?」
「フレンチ!わあー楽しみ!」

みたいな感じに、希望ははっきり答えられるようになりました。

「イタリアン行きたい!」は言うけど、絶対イタリアンじゃなきゃダメじゃないのです。今までは自己主張が子どものそれと同じで、


「イタリアン食べにいこう」
「イタリアン知らない」
「ええー絶対イタリアンがいい、イタリアンじゃなきゃヤダー」
「......(だだっこか)」

みたいになってたのです。(極端に言うと)


行きたいところ、食べたいものをいつもいっぱい考えておいて、要求しないって結構難しい気がしていました。


でも、もう大人なので行きたいところも食べたいものも、自分で叶えられることに気付きました。


恋愛以外でも、私が計画を立てて誘うことが多くなったので、友達は結構喜んでくれています。今まで任せっぱなしでごめんなさいな気持ちです。


色々なことに欲張りになって良いと最近思いました。行きたいところも、食べたいものもいっぱいいっぱいあっても大丈夫。要求しなければワガママにならないことに気付きました。



彼「デザート何が良い?」
私「プリン!」


私「プリン買ってきて」
彼「わかった」


は、似ているようで全然違うんだなあと思いました。



要求するくらいなら、



私「(プリン買ってこよう)」
と心で思って、自分でサクッと買って食べれば良いのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク